ウェディングドレス

ウェディングドレスのクリーニング最大の悩みは、大切なウェディングドレスを、今まで利用した事ないお店の中から信頼でき最良の技術を持つ店を選ばなければならない点です。綺麗にならなくても、傷にされても困る。皆様共通の悩みです。

以下のドレス、私が「なすクリーニング」で実際にクリーニング&しみ抜きしました(エピソードは写真に)。

ノーダメージで完全に綺麗に白くするためにはかなりの手間と技術、最新のツールが必要になります。お客様は知って驚くと思いますが、この2点のドレスは他社でクリーニング済み(1つは返品)のドレスです。なぜ、このような状態で返却されるかと言えば、ドライクリーニングというガソリンのようなオイルに入れて洗うだけでは、泥やワイン、フラワーシャワー、シャボン玉、飲食物、汗等全てが落ちないからです(ウェットクリーニング参照)。落ちるのはついたばかりの床のワックスとホコリだけです。

ウェディングドレスということで、当たり障りのないクリーニングをされてしまう事で、こんな状態で返却されます。

before

before-silk

海外挙式で汚してしまいクリーニングに出しましたが、落ちないと言われ返却されてしまいました。返品まで時間がかかり日本での披露宴があるのに僅かな時間がなく非常に気になされておりました。

after

after-silk

本当にこうなります。

before

before-suso

こちらはおそらくドライクリーニングだけなので、フラワーシャワーや芝、泥といった、色素系の汚れは全く取れてません。この状態で真空パックされたらたまりません。1度仕上がりを見てから真空パックした方が良いとお客様にお伝えするのはこういう例が多いからです。

after

after-suso

信じがたいですが、こうなります。

毎日こればかりしております(笑)

何が違うかと言えば、毎日これだけ汚れがついたドレスばかりクリーニングしておりませんが、簡単な汚れのドレスでも慣れていない人にクリーニングやしみ抜きされてしまうと、こねくり回されダメになってしまします。オーガンジーなどは変に処理されると傷がつきそこだけ白くなります。簡単な汚れなどは僅かな時間でサクッと綺麗にできます。無傷で綺麗にしなければ意味がないです。シミが取れても傷が残るのはプロの仕事ではありません。宜しければ「なすクリーニング」サイトへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中