飲食店や美容室での事故、さらには試着で付いたファンデーションも対応できます。

飲食店でお客様に飲食物をこぼしてしまったり、美容院でヘアカラーがお洋服に付いてしまったりという事故があります。この場合、お近くのクリーニング店に持ち込んでも殆ど取れないと思います。「なすクリーニング」のしみ抜きなら非常に高確率で落とす事ができます。

また試着でお客様の「ファンデーション」や「口紅」が付いてしまった場合、クリーニングをせずにそれのみ取り除きますので商品価値を損ないません。一番多いファンデーションは簡単に取れます。

Before

ブラウスbefore

ブラウスのエリに「ヘアカラー」が付いてしまいました。普通のしみ抜きでは、ほぼ落ちないと思います。

After

ブラウスafter

完全に取れました。これが、今の技術力です。ただ、それほど難しいシミではないです。これが落ちないのは勉強してない、それだけです。

重要な事があります。こういった類いの「シミ」は完璧に落ちなければなりません。ちょっと落ちたくらいでは、後のクレームになるからです。「なすクリーニング」は洋服を根治させます。

広告

なぜ、落ちない?その理由。

驚く事ですが、例えばコートをクリーニングに出しても、「ホコリと付いたばかりの油ジミ」しか取れません。これが事実です。 それ以外の汚れは、「水で洗う(ウェットクリーニング)」か、「しみ抜き」で取るしかありません。

では、何故クリーニング店に「しみ抜き」を依頼しても「シミ」が取れないで戻ってくるのかと言えば、優秀な「しみ抜き」をできる技術者がいないからです。 これが一番の原因です。 しみ抜きの理論を教える学校、また資格試験はありません。しかし、シミ抜きは完全な「化学」です。これを知らなければ、シミは落ちません。 また、優秀な技術者もいますが、しみ抜きの方法は絶対に他人に教えません。 私も、私よりレベルの高い技術者でなければ私の持っている情報は出しません。

そこで、シミを完全かつ大量に落とすとなると、優秀な技術者が数多く必要になりますが、その技術者がいないのが現状です。 多少の知識で「しみ抜き」をするとお洋服がダメになり、クレームの元になるので、当たり障りのない「しみ抜き」だけになってしまいます。これがシミの落ちない原因です。

委託という方法で、他のクリーニング店から弊社に「しみ抜き依頼」がありますが、送料もあるので当然料金も倍以上になります。これが今の現状です。

しかし、日本の技術は優秀です。本当にレベルの高い技術者もいます。

簡単に言えば普通の人が、消毒はできても、脳の手術はできないのと同じです。 そこで、「消毒するだけ」これが普通のお店の「しみ抜き」となっています。 実際は脳外科レベルの技術を持ったエンジニアもいます。 ips細胞や火星に行ける時代、「醤油」が落ちない方がおかしいと考えてください。

Before

DSC_4979

他店で落ちなかった血液の汚れです。

After

DSC_4980

「しみ抜き」という程の技術ではありません。クリーニング料金のみです。また、この程度の「シミ」がクリーニングに出して落ちないと、クリーニングの意味がありません。

汗によって衣類が黄ばむ理由

汗をかいたので「ドライクリーニング」に何回も出していたのにワンピースの脇の下部分が、完全に黄ばんでしまいました。

DSC_5782

原因はドライクリーニングで、汗が落ちない事です。肌が直接触れるワンピースは正直な所、「ドライクリーニング」では出すだけ無駄です。プレスされて戻ってくる意味しかありません。

なぜ、黄ばむのか?

大きな理由は2つです。

・汗に含まれる(正確には汗と一緒になった)皮脂が酸化して黄ばむ

・汗に含まれる塩分等がお洋服の色を劣化させる

白やピンクなどの淡い色の場合の黄ばみは、クリーニングで取れなかった汗と皮脂が酸化した物です。逆に黒や濃色の場合、黒が「青」や「赤」っぽくなる事がありますが、これは汗の塩分等が黒の染色を劣化させたためです。

お洋服の「色(染料・顔料)」の中には金属質も含まれます。汗が金属質を錆びさせると「色」の劣化が生じます。

なぜ、「黒」が「赤」や「青」っぽくなるのかと言えば、プリンターのインクと同じです。黒も本来は「赤」「青」「黄」の3色から作られているので、そのうちの「1つの色」が劣化してしまうからです。特に「青」が劣化しやすいので「赤」っぽくなるケースが多いです。

グッチ©やジルサンダー©(思いついた所ですが)等は染色が弱いので、汗の体質によっては、1回着ただけの汗が致命傷になります。Burberry©等もコントラストのある商品もきちんとしたクリーニングでメンテナンスをしていれば長く新品の状態を保てます。

例えばGUCCI©

before

guttib

ハイクラスやデラックスのクリーニングに出しているのに汗で裏地の脇の下も黄ばんでしまいます。

After

guttia

「なすクリーニング」ならテクノロジーで綺麗に取れますが、時間と労力が非常にかかるので、汗ジミを作らないクリーニングが一番コストパフォーマンスが良いです。

GUTTI©で裏地の取り替えになると、数万円になります。この汗ジミの復元は¥6.000です。

「尿」はドライクリーニングでは取れません

男性であればトイレの時に多少なりと付いてしまう経験があると思います。しかし、何度ドライクリーニングしてもこのように尿ジミは取れません。

【クリーニングに出していたのに尿で黄ばんでしまったパンツ①】

クリックして拡大

クリックして拡大

【クリーニングに出していたのに尿で黄ばんでしまったパンツ②】

尿ジミ2before

尿ジミ2after

クリーニング店では一切言いませんが、「尿」や「汗」は普通にクリーニングに出しても全く取れません。驚くべき事ですが、これが事実です。

何度もクリーニングしているのにできたズボン裏側の尿ジミです。男性ですと、トイレの時に付きがちです。「ドライクリーニング」では、「尿ジミ」や「汗」は取れないので時間が経つと酸化し黄ばんできます。体質で黄ばみになるならないはありますが、ドライクリーニングを何度しても「尿ジミ」は絶対に取れず、蓄積されていきます。

つまり、クリーニングに出しても洗わない下着を何度も着ているのと全く同じ状態です。

「ウェットクリーニング」していれば洗った時点で全ての「尿ジミ」や「汗」がリセットされます。

体臭よりも臭いの原因はこちらの比重が高いです。また何より「清潔」ではありません。

写真の様に黄ばみになると、水に浸けただけでは落ちないので特殊処理で黄ばみを落とす事が必要です。そうならないように「ウェットクリーニング」する事が重要です。

時間と手間を掛けてもしっかりと、「水」で洗う事の重要性はここにあります。

臭いの原因「汗」と「尿」

「体臭」を気になさるお客様が非常に多いです。

よく、体臭や加齢臭が取り上げられますが、実際に臭いを出すのはお洋服だと思います。加齢臭は実際には疾患により汗や(特に)尿の成分が変わってくる事により生じる臭いで人そのものが臭うのではありません。

つまり、体を清潔に保ち、汗をかいた洋服が清潔になっていれば殆ど気にならないと思います。

汗や尿は、お洋服につくと、それを微生物が分解して臭いの元を作ります。実際はお洋服が臭いを作る場となっえしまっえいます。清潔でないトイレに入るとくさいのと全く同じ理由です。実際、尿にはアンモニアは含まれておらず、あの臭いは尿が微生物に分解されアンモニア臭を出します。

ただし、この尿や汗は「ドライクリーニング」では、全くと言って良いほど取れません。ブログですのではっきり言ってしまえば、ご家庭の洗濯では(下着なら)汗や尿を取るために洗濯すると思います。それと同じに考えクリーニング店で「ドライクリーニング」に出すならそのクリーニングは全く無意味です。

よく「汗を取るくらいだから、、」と言われるお客様が多いですが、「汗」を取るのはワインやペンキを取るより遙かに難しいです。その理由は、ワインや汗は見える部分を綺麗にすれば良いですが、「汗」は酷くならないと黄色くならないし全体に付着します。本来は水洗いすれば綺麗になりますが、水で洗うとその後の処理が非常に大変なためしません。

クリーニング店もクリーニングに出しても汗が取れない事は分かっていますが、「汗」をはじめ人からでる分泌物には目をつむり、「ドライクリーニング」となります。

「汗」「尿」の臭いを元から取るには、「ウェットクリーニング(水洗い)」以外ありません。

ドライクリーニングとウェットクリーニング

簡単に言えば「ドライクリーニング」は「ガソリン」で洗う事で、「ウェットクリーニング」は「水洗い」です。

ドライクリーニングの「オイル」

ドライクリーニングの「オイル」

よくクリーニング店で「ドライ品」という表示を見ると思います。普通お洋服は「水」でクリーニングされていると思いますが、実は「ガソリン」と殆ど同じような「油」でクリーニングされています。

では、何故「水」でなく「油」で洗うのかと言えば、ご家庭の洗濯機で「水」で洗えないと同じ理由で、クリーニング店も水洗いできないので「油」で洗います。ご家庭で洗濯できないお洋服を技術力で綺麗にクリーニングしているわけではないと言う事です。

なぜ、「水洗い」できないのかといえば、水に浸ける事は誰にでもできますが、その後の「シワの処理」や「質感の再生」等色々な問題があるからです。

「油」で洗うメリット

シワが殆どでない

アイロンプレスに手がかからない

「油」で洗うデメリット

ホコリと付いたばかりの「油ジミ」しか落ちない。

汗、尿、臭いは全く落ちない。

以上から極論をするとドライクリーニングでは、汗をびっしょりかいたTシャツをガソリンにつけても汗は全く落ちないのと同じです(汗は油には溶けず、水にしか溶けませんので、ガソリンが揮発するだけです)。

 事実を言ってしまうと、ドライクリーニングだけではお洋服は「清潔」にはなりませんし、クリーニングする意味は殆どありません。何十年もある「ドライクリーニング」ですが、これが事実です。簡単に誰でもできるから、ローコストの「ドライクリーニング」をしてきたというのが実態です。

では、どのように「クリーニング」するかです。

答えは、「水洗い」できないお洋服にも最新のテクノロジーで水洗いを行い、熟練のエンジニアのアイロン・プレス技術で元に戻す事です。これで、現状の90%のお洋服は見違えます。これが「ウェットクリーニング」です。

ただ、水洗いを行えば非常にシワがよりますし、それを防ぐ処理やアイロンプレス技術はお洋服一つ一つで考えなければなりませんので高い技術が必要とされます。簡単に言えば、「お気に入りのお洋服を水に浸けるのは誰でもできるが、元に戻せるか?絶対に水洗いできない商品を見分けられるか」これだけです。

重要な事がもう一つあり、加齢臭や、体臭が良く言われますが、実は体臭ではなくクリーニングで綺麗になっていないので臭うケースもかなり多いと思います。雨で加湿するとスーツからイヤな臭いがしますが、これはクリーニングの問題です(湿度と温度で臭いがでます)。

次回は「こんな汚れが取れない!!」についてお話しします。

洗剤の知識(必読!!)

何時も使う、Tシャツや下着を洗う洗剤

アルカリ性です。皮脂や人からでる分泌物に効果的です。直接肌に触れる下着や靴下はこれで洗うと綺麗になりますが、洋服の「色落ち」や劣化も。

おしゃれ着洗い

中性です。台所用洗剤と同じです。「汗だけ綺麗に落としたい」という洋服はこれが最適です。

※酸性は病院等の特殊なケースで使用するため考えないでください。

以上から1日着たから洋服を洗う場合は本来は「おしゃれ着洗い」が最適という事になります。「この後のブログで極論をすれば台所用洗剤でもOK」と言ったのは、泡が出るか出ないかの差が殆どです。洗濯機では、泡が出ると脱水ができなくなります。そのため、泡の出ない洗剤になっています。

私の意見を述べると、下着と一緒に、「お気に入りのジーパンやTシャツ、ニット」を2時間近く洗濯機で回す事はありえない事です。自分の洋服に絶対しないです。

「結構な値段だったジーパン」や「デパートで買ったけどTシャツだし、、」、「家周辺の外着だからクリーニングに出す必要まではないかな?」という洋服は多いと思います。これらは全て「おしゃれ着洗い洗剤」で洗えば解決です。洗濯時間は極めて短時間で済みますし、新品感を長くキープできます。クリーニング店でのドライクリーニングはそもそもダメですし、クリーニング店でランドリーされても何時ものアルカリ洗剤で洗う+更に他人の物と一緒に洗われるというおまけまで付いてきます。

「バイオ」や「酵素配合」について

余り意味はありません。酵素が働ける温度は決まっています。水道水に入れてもまず作用しません。家庭や普通のクリーニング店ではこれができないので不向きです。

洗濯の仕方は次回ブログ。