時間のたったシミ (30年前のウェディングドレスやベールの黄ばみ)

お母様がお召しになられた、20年、30年前のドレスをお嬢様がご結婚式で記念にお召しになりたいので黄ばみ&シミ抜きを欲しいというお客様が多いです。

「30年前のシミはちょっと取れないのでは?」と思われるお客様も多いと思いますが、弊社というより私なら高確率で取る事ができます。それも、殆どの場合生地を傷める事なく取り除く事が可能です(中には物理的に難しいドレスもありますのでそれはご容赦ください)。この技術は恐らく今のところ他のクリーニング店やシミ抜き店にはないと思います。普通のクリーニングでは全く取れないか、ダメにされてしまうと思います。

もちろん、非常に高度な技術と慎重な作業を要求されますのでお客様にはご承諾は頂きますが、ドクターと一緒で、失敗したらプロではないのでドレスやベールは無傷で黄ばみやシミだけ取り除きます。

まずは結果をご覧下さい。

before

veil-b

皆様のドレスの時間の経ったシミや黄ばみはだいたいこんな感じではないでしょうか?

After

veil-a

綺麗にした所は明らかに違います。これが30年前の新品のドレス本来の白さです。これを全体に処理するだけです。

是非、読んでください!

こういった仕事は、結果以外には何もありません。結果が出なければ、着れないからアウトです。いくら手間を掛けてクリーニングしたと言ってもシミが取れなければ何の意味もありません。私の仕事は殆どがそういった仕事です。デパートの試着で付いたファンデーションの処理や飲食店・ホテルで間違ってお客さまに飲食物をつけてしまった場合等そこにあるシミを確実に100%元に戻さないと商品の価値はゼロです。ただ、ハイリスクな仕事ほどお客様も喜んで頂けますので、毎日頑張っております。

私は仕事の価値に合わないプレミア価格は嫌いですので、価格もお客様がご納得頂ける価格だと思いますので、是非ご相談ください。と、混み合いますと、お時間を頂いてしまいますので、なるべく早めにご予約ください。

広告