25年前のウェディングドレス(シルク)

今回は状態の悪い、黄ばみ&すすけた25年前のウェディングドレスのシミ抜きをいたしました。

お客様から少しでも何とかならないかとの依頼を受け「なすクリーニング」の私がオペしました。

まずは、シミ抜き前のウェディングドレスをご覧ください。

before

30yearsold-doress-b

黄ばみもですが長年の「たばこ?&油、その他?」で完全にすすけてしまっています。

After

30yearsold-dress-b

お客様もビックリ!全くの別物です。これが25年前のドレスの姿です。

「普通のクリーニングに洋服を出しても綺麗にならないのに、何故こんな古いウェディングドレスが綺麗になるのか?」とよく言われるのですが、それは簡単です。人のガン治療の場合、いかに周りの正常細胞を傷つけずにがん細胞だけ殺すかを求められます。発想はこれと同じで、シルクは強い素材ではありますが、25年、30年経っていると劣化しておりますので、そのシルクに損傷を与えずに、黄ばみや汚れのみを除去する難易度の高い方法をとるからです。

「なすクリーニング」が他社と何が違うのかと言えば、いわば、他の病院では手に負えない重度の癌のような難しい汚れを落とす仕事をしています。その技術を生かすので普通の汚れなど簡単に落ちるのです

更にビックリの写真をお見せいたします!

上記のドレスを処理する前の綺麗な水。

before

warter-a

After

warter-b

これだけの汚れが水に溶け出しました。

他では真似のできない技術

・簡単に水洗いしている様に見えますが、シルクのこのようなドレスを水に浸けて洗うこと自体が普通はできません。理由は、誰もが水に浸けて少しでも綺麗にしたいのですが、水に浸けたらシルクのドレスを元の状態に戻せないので、怖くて水洗いできません。その結果、ドライクリーニングだけで綺麗になりません。

・水に浸ければ簡単に汚れが出ると思うかもしれませんが、そんな事はありません。あれだけの汚れを水に溶け出させるにはそれなりの技術が必要です。内緒ですが私は5行程行い特殊な薬品数種を使います。

お母様のお召しになられたウェディングドレス等の特殊処理。遠慮なくご相談ください。

広告

ワインやトマトソース、カレーのシミ

ワンピースやシャツ、ニット、スーツ、パンツ、ワイシャツ、ズボン等、ワインやトマトソース、カレー、果物(フルーツ)系のシミがつく事も多いと思います。

ワインは取れない汚れと思われがちですが大間違いです 。簡単に取れる汚れです。

汗よりもはるかに簡単に綺麗になります。汗くらいはクリーニングで簡単に綺麗になると思うお客様も多いですが、全くの間違えで汗はドライクリーニングでは非常に取れない汚れです。クリーニングに出しても見えないだけで洋服に残っております。それが、黄ばみになります。ワインの方が100倍簡単に取れます。

まずは結果をご覧下さい。

before

wine-pantsb

パンツポケットに付いたワインのシミです。

after

wine-pantsa

綺麗になるまで5分もかかりません。カレーやトマトソース、カシスソーダ、緑茶、紅茶、麦茶、ウーロン茶やウーロン杯、コーヒー、も同じく大丈夫です(これらは基本的に同一種のシミです)。

料金ですが、生地やメーカー等の難易度にもよりますが、このくらいのワインのシミですと、パンツやズボンの基本料金内か、プラス¥500位で綺麗になります。

時間のたったシミ (30年前のウェディングドレスやベールの黄ばみ)

お母様がお召しになられた、20年、30年前のドレスをお嬢様がご結婚式で記念にお召しになりたいので黄ばみ&シミ抜きを欲しいというお客様が多いです。

「30年前のシミはちょっと取れないのでは?」と思われるお客様も多いと思いますが、弊社というより私なら高確率で取る事ができます。それも、殆どの場合生地を傷める事なく取り除く事が可能です(中には物理的に難しいドレスもありますのでそれはご容赦ください)。この技術は恐らく今のところ他のクリーニング店やシミ抜き店にはないと思います。普通のクリーニングでは全く取れないか、ダメにされてしまうと思います。

もちろん、非常に高度な技術と慎重な作業を要求されますのでお客様にはご承諾は頂きますが、ドクターと一緒で、失敗したらプロではないのでドレスやベールは無傷で黄ばみやシミだけ取り除きます。

まずは結果をご覧下さい。

before

veil-b

皆様のドレスの時間の経ったシミや黄ばみはだいたいこんな感じではないでしょうか?

After

veil-a

綺麗にした所は明らかに違います。これが30年前の新品のドレス本来の白さです。これを全体に処理するだけです。

是非、読んでください!

こういった仕事は、結果以外には何もありません。結果が出なければ、着れないからアウトです。いくら手間を掛けてクリーニングしたと言ってもシミが取れなければ何の意味もありません。私の仕事は殆どがそういった仕事です。デパートの試着で付いたファンデーションの処理や飲食店・ホテルで間違ってお客さまに飲食物をつけてしまった場合等そこにあるシミを確実に100%元に戻さないと商品の価値はゼロです。ただ、ハイリスクな仕事ほどお客様も喜んで頂けますので、毎日頑張っております。

私は仕事の価値に合わないプレミア価格は嫌いですので、価格もお客様がご納得頂ける価格だと思いますので、是非ご相談ください。と、混み合いますと、お時間を頂いてしまいますので、なるべく早めにご予約ください。

CELINE©のワンピースの脇の汗ジミ

他のクリーニング店で1度クリーニング」&「シミ抜きの依頼」をされて取れなかったようです。

プロからすると、「シミ抜きお任せ下さい!」と宣伝していて、なんで、こんな汗ジミが取れないのか理解不能です。

しかも、「これ以上、シミ抜きをすると生地を傷めますので、、」とありますが、「生地など全然傷みません」。

シミ抜き料金を取って落ちないという意味がわかりません。

では、なぜ取れないかと言えば、病院に行っても「消毒」はできても、心筋梗塞の「カテーテル手術」を直ぐにできるお医者さんは本当に少ない。これと同じ理由です。

簡単にシミが取れる事を知り、「できない宣伝をなぜするの!」とお客様も怒っておりました。

before

celineb

汗ジミは汗の蓄積ですので、汗ジミをきちんと取るクリーニングをしていればこのように黄ばみません。

after

celinea

シルク、ウール、綿、麻等のワンピースやドレスの汗ジミも綺麗に取れますのでご安心ください。

ポールスミス©コートやバーバリー©コートのエリ汗ジミ&皮脂汚れ

Burberry(バーバリー)のコートやPaulSmith(ポールスミス)のコートも冬の間ずっと着ると、特にエリ部分に汗ジミや皮脂汚れがつきます。

ウェットクリーニング(水洗い)ですと、こんな汚れやシミも簡単に綺麗になります。また、何となくくすんだコートも見違えるように垢抜けます。

エリの皮脂汚れがなぜ普通にドライクリーニングしただけでは取れないかと言えば、卵焼きや焼き肉のこびりついたフライパンと同じです。冷蔵庫から出したばかりのバターも油の中でなかなか溶けませんよね。

ワンシーズン着ているので汚れがこびりついているため、10分(正確に言えば1時間しても)くらいドライマシーンのドラムでクリーニングしても皮脂は剥がれません。汗などはそのままエリに残ってます。

before

before-p

ポールスミス©のコートに付いた汗ジミ&皮脂汚れ

After

after-p

超音波で簡単に綺麗になります。もしこんなエリが綺麗にならないクリーニングに出している場合は表現は悪いですが「クリーニング料金を捨ててるだけ」と考えてください。本当は綺麗になります。

シルクについた汗ジミ

今日はエリの汗ジミ(黄ばみ)ですが、シルク生地です。
「シミ抜き!!お任せください!」のクリーニング店に出したけど取れなかった。シルクは特に多いと思います。

でも、取れます。エリの半分をシミ抜きしました。これだけ違います!

silk stain

時間の経った古いシルクのエリも大丈夫ですので、普通のコートのエリは簡単です。

この処理で、クリーニング料金¥1.200+シミ抜き¥2.000で¥3.200です。

ダウンジャケットのクリーニングとシミ抜き

春、クリーニングに出す代表的なジャケットの1つがダウンジャケット&ダウンコートだと思います。

これもウェットクリーニング&しみ抜きの組み合わせで画期的な効果を発揮します。

before

アルマーニダウンb

「アルマーニのダウンジャケット」ですが、冬の間ずっと着ていたのと、ドライクリーニングばかりしていたので汚れが数年分蓄積され、さすがに「これでは着られない」と思い「なすクリーニング」を探していただけました。

after

アルマーニダウンa

お客様も正直ビックリ!!シミも綺麗ですが、何より全体の黒ずみ(エリ・腕・ポケット・カフス・ジッパー周り等)が全て取れます!

シミの多さやメーカー等にもよりますが、大体このような処理で¥4.000~5.000くらいです(海外メーカーの場合、メンテナンスやケアーをしなければならないため)。普通の汚れですと¥2.500~です。比べてください、汚れが残りません。