25年前のウェディングドレス(シルク)

今回は状態の悪い、黄ばみ&すすけた25年前のウェディングドレスのシミ抜きをいたしました。

お客様から少しでも何とかならないかとの依頼を受け「なすクリーニング」の私がオペしました。

まずは、シミ抜き前のウェディングドレスをご覧ください。

before

30yearsold-doress-b

黄ばみもですが長年の「たばこ?&油、その他?」で完全にすすけてしまっています。

After

30yearsold-dress-b

お客様もビックリ!全くの別物です。これが25年前のドレスの姿です。

「普通のクリーニングに洋服を出しても綺麗にならないのに、何故こんな古いウェディングドレスが綺麗になるのか?」とよく言われるのですが、それは簡単です。人のガン治療の場合、いかに周りの正常細胞を傷つけずにがん細胞だけ殺すかを求められます。発想はこれと同じで、シルクは強い素材ではありますが、25年、30年経っていると劣化しておりますので、そのシルクに損傷を与えずに、黄ばみや汚れのみを除去する難易度の高い方法をとるからです。

「なすクリーニング」が他社と何が違うのかと言えば、いわば、他の病院では手に負えない重度の癌のような難しい汚れを落とす仕事をしています。その技術を生かすので普通の汚れなど簡単に落ちるのです

更にビックリの写真をお見せいたします!

上記のドレスを処理する前の綺麗な水。

before

warter-a

After

warter-b

これだけの汚れが水に溶け出しました。

他では真似のできない技術

・簡単に水洗いしている様に見えますが、シルクのこのようなドレスを水に浸けて洗うこと自体が普通はできません。理由は、誰もが水に浸けて少しでも綺麗にしたいのですが、水に浸けたらシルクのドレスを元の状態に戻せないので、怖くて水洗いできません。その結果、ドライクリーニングだけで綺麗になりません。

・水に浸ければ簡単に汚れが出ると思うかもしれませんが、そんな事はありません。あれだけの汚れを水に溶け出させるにはそれなりの技術が必要です。内緒ですが私は5行程行い特殊な薬品数種を使います。

お母様のお召しになられたウェディングドレス等の特殊処理。遠慮なくご相談ください。

広告

時間のたったシミ (30年前のウェディングドレスやベールの黄ばみ)

お母様がお召しになられた、20年、30年前のドレスをお嬢様がご結婚式で記念にお召しになりたいので黄ばみ&シミ抜きを欲しいというお客様が多いです。

「30年前のシミはちょっと取れないのでは?」と思われるお客様も多いと思いますが、弊社というより私なら高確率で取る事ができます。それも、殆どの場合生地を傷める事なく取り除く事が可能です(中には物理的に難しいドレスもありますのでそれはご容赦ください)。この技術は恐らく今のところ他のクリーニング店やシミ抜き店にはないと思います。普通のクリーニングでは全く取れないか、ダメにされてしまうと思います。

もちろん、非常に高度な技術と慎重な作業を要求されますのでお客様にはご承諾は頂きますが、ドクターと一緒で、失敗したらプロではないのでドレスやベールは無傷で黄ばみやシミだけ取り除きます。

まずは結果をご覧下さい。

before

veil-b

皆様のドレスの時間の経ったシミや黄ばみはだいたいこんな感じではないでしょうか?

After

veil-a

綺麗にした所は明らかに違います。これが30年前の新品のドレス本来の白さです。これを全体に処理するだけです。

是非、読んでください!

こういった仕事は、結果以外には何もありません。結果が出なければ、着れないからアウトです。いくら手間を掛けてクリーニングしたと言ってもシミが取れなければ何の意味もありません。私の仕事は殆どがそういった仕事です。デパートの試着で付いたファンデーションの処理や飲食店・ホテルで間違ってお客さまに飲食物をつけてしまった場合等そこにあるシミを確実に100%元に戻さないと商品の価値はゼロです。ただ、ハイリスクな仕事ほどお客様も喜んで頂けますので、毎日頑張っております。

私は仕事の価値に合わないプレミア価格は嫌いですので、価格もお客様がご納得頂ける価格だと思いますので、是非ご相談ください。と、混み合いますと、お時間を頂いてしまいますので、なるべく早めにご予約ください。

ウェディングドレスの真空パック(無酸素パック)について

これは、ブログでないと書けないテーマですので興味のある方は必見です。

お客様から「真空パック(無酸素パック)が必要か?」というお問い合わせが非常に多いです。

まず、ウェディングドレスの保存のために真空パックが必要かと言えば「No」です。芸能人がお召しになられるような非常にボリュームのあるドレスには小さくなるのでメリットがありますが、それだけです。

理由

1 真空パックの有効期限は1年程度の保存です。食品の消費期限を見れば分かるように10年など絶対に保存できません。

2 普通に保管するより黄ばみます。中の窒素が窒素酸化物に変化する。車の排気ガスに当てているのと同じ状態。

3 驚くべきことですが、大量生産するとコストは¥200にもなりません。これが、お客様には¥6.000になります。私の会社は将来の保証の観点から自社では行わないので、利益を考えませんので¥3.950です。

4 クリーニングで落ちない汚れを見えなくするために使われる。

これだけですので、ドレスを大切に保存する方法として真空パックを検討している方には絶対にお勧めできません。何年か後に真空パック(無酸素パック)を空けたときには大変な事になります。

vacuum-pack

結局はお客様のドレスのためでなく、クリーニング店の利益のためだけになされているのが現状です。

更に不思議なのが、真空パックフィルムメーカ(有名な大手企業です)も、あくまでコンパクトという利便性のためで、10年黄ばまないなどの保証期間はないと言っているのになぜ、「10年保証」というのか分かりません。10年後にドレスが黄ばんだら法的に全額弁済してくれるのでしょうかを聞いてみてください。

なすクリーニング」には真空パックよりも科学的な保存方法もあります。

ウェディングドレスの汚れやシミ「綺麗になりますか?」

何のビジネスでも同じように、お金重視のお店もあれば、信頼性重視のお店もあります。

まず、「綺麗に裾の汚れ等を落としたい」「1回着たからとりあえずクリーニングしたい」からウェディングドレスをクリーニングに出すと思います。そして、予算やお店の信頼度を比較して最後にベストのウェディングドレスクリーニングショップを選ぶと思います。

ところが、、、そのショップがこんなにいい加減なクリーニングしかしなかったらどうでしょう?

下の写真は、ドレスの最も裾最下部で床に直接当たるところです。オーガンジーレースとドレスの本体です。お客様が1度他店にクリーニングに出して「真空パック」のみ弊社が引き受けさせて頂いた珍しいケースですが、汚れがかなり残っているため、「このまま真空パックして良いか?」をお客様に連絡を差し上げました。すると、お客様は汚れが残っているのを知らなかったため「汚れているところを写真を送って下さい」となりました。そこで、以下の写真を送りました。お客様はクリーニング店から「綺麗になりましたよ!」と言われていたのでビックリしておりました。

 

before/After写真があるのは、汚れている写真だけ送っても、クリーニング店は、「これ以上の処理をすると、生地が傷むので綺麗にできませんでした」で終わってしまうので、その場合は実際に弊社で綺麗になる写真を送らないとクリーニング店でクレーム処理されない旨お知らせさせて頂きました。なんら、普通のセーターのシミが落ちないのとかわりません。

ブログですので書きますが、どんなウェディングドレスのクリーニングも一律価格のショップは基本的には同じ工場に送られて¥3.000くらいでクリーニングされます。それを業者が¥1.3000、真空パックなら¥18.000くらいに上乗せします。写真のクリーニングはプロなら分かりますが簡単なマシーンウオッシュされただけです。いわゆる町のチェーンのクリーニング屋さんで¥300のセーターがウェディングドレスだからプレミアで10倍の¥3.000でクリーニングされただけです。

私のビジネス感覚ですと、ウェディングドレスはお客様のお名前でドレスの詳細やご要望が現場で管理されなければならないと思います。100着の中の1着という発想ならばドレスのクリーニングはしない方がいいと思います。

before

 

simi-b

クリーニングで落ちない汚れが、裾全体に残っております。これがクリーニングの実態です。

 

After

simi-a

弊社で再度処理をすると完全に綺麗になりました。

 

ただ、1度クリーニングやプレスをされると簡単に取れる汚れも時間がかかりますので、非常に非効率です。

 

 

ウェディングドレスについたカビ

ドレスを長い間、適切でない方法や場所で保管するとカビが生じる事があります。

浴室のカビでさえ頑固なのに、繊細なドレスに付いてしまったら諦めるしかないと思っているお客様も多いと思いますが、以下をご覧ください。

ウェディングドレスのクリーニングでも全く取れません。

ドレスカビbefore

黄色いカビと黒カビ。

ドレスカビafter

黄色いカビも黒カビも綺麗になりました。

ドレスカビbefore2

上の部分のレースが本来の綺麗なレースです。

クリックして拡大

ドレス全体で見てみると、こんなに違います。カビを全部落とすとドレスは別物になります(掲載予定)。

科学技術が発展している現在、理論に基づいた最新の方法を施せば、繊細なドレスのカビも綺麗になります。

こうした技術は普通のドレスクリーニング店では不可能ですが、「なすクリーニング」のエンジニアなら可能です。

ウェディングドレスの「ワインのシミ」

Before

BEFORE Wine

After

AFTER Wine

はじめまして、皆様。
なすクリーニングの「ウェディングドレスクリーニング&しみ抜き」を担当する技術者です。
HPをはじめて13年も経ってますが、現場からのダイレクトな情報を伝えられればと思います。

初日は皆様も落ちないと思っていらっしゃるのではないでしょうか?「ワインのシミ」です。勿論ウェディングドレスクリーニングでは全く落ちません。

でも、特殊処理を行えば実はこうして簡単に落ちてしまうのです。続く…