ユニクロ©のカシミア(ウール)セータの洗濯orホームクリーニング

大好評の「自宅でできるクリーニング」第2弾「ユニクロ©のカシミアセータ-」の洗濯です。

やはり、元が高くないので、ある意味消耗品ということで例えカシミアでも「クリーニング」ではなく家で洗濯(洗いたい)したい方も多いと思います。本日はそれを教えます。

ドライクリーニングではないので、汗も臭いも全て取れますので、クリーニング店にドライクリーニングに出すよりもはるかに綺麗・清潔になります。

というのも、「ドライ品半額!」とかのお店ですと、大量処理ですので見ず知らずのお客様のお洋服と一緒にクリーニングされてしまいます。当然、尿ジミの付いたおじさんのパンツやおう吐物もお客様のカシミアのセーターと一緒にクリーニングされてしまう可能性もあります。

まず、前提としてカシミアの簡単な知識です。カシミアはヤギさんです。その毛の価格は、その時の相場・毛の等級・ボリューム(一枚のセーターの何グラムのカシミアが使われているか)等により決まります。

絶対に守って欲しい事は「ユニクロのカシミア」限定です。絶対にその他のメーカーのカシミア製品に同じ事をしないで下さい。「これも大丈夫だろう?」はなしです。取り返しが付かない事になります。

①用意するものは、ホームクリーニング用の中性洗剤髪用のコンディショナー

理由(ここがポイント!

いつも衣類や下着を洗濯する洗剤は絶対に×。これはアルカリ性ですのでタンパク質でできているウールやカシミアをダメにします。必ず中性洗剤を使ってください。次にコンディショナーですが、普通の柔軟剤は色々な繊維を想定しておりますが、ウールやカシミアに限れば同じタンパク質でできた「髪」用を使うのは理にかなっております。更に人に使う設計ですので、断然違います。※コンディショナーが水に溶けにくい場合はお湯で溶かしてから、洗面器に入れてください。

②洗い方

洗面器に水と中性洗剤(お皿を洗うくらい)を入れて軽くかき混ぜ、セーターを入れます→ちょっと押してあげて、それで終わりです→洗濯機の脱水機能を使い軽く30秒くらい絞る→洗面器に水を入れ絞ったセーターを入れ軽く押す→脱水→洗面器に水とコンディショナーを入れ軽く押す→脱水。以上です。

③乾燥&仕上げ

陽に当てず、陰干し。仕上げは、着てるうちに人の温度と発する湿度でちょうど良くなります(気になる方はアイロンで蒸気を与えて下さい)。

1着だと面倒くさいですが、5着だったら非常に効率的です。

ユニクロ©製品に対するクリーニング方法のリクエストお寄せください!

広告

ユニクロ© ダウンジャケットの洗濯&ホームクリーニング方法

これは、非常によく質問を受けます。

クリーニングに出すなら買ってしまった方が安いですし、「ダウンジャケット¥998」のドライクリーニングでは全く汚れが落ちないのでこの際、ご家庭でホームクリーニングしてみてください。

私もユニクロ©さんのアイテムはご家庭で洗える方法をいつも紹介しております。どうせ洗うならばファミリーのダウンジャケット全てを一緒にホームクリーニングしましょう。

※あくまでユニクロ©だけですのでそれ以外のダウンジャケットには絶対に行わないでください!

まず、必要な洗剤はご家庭用のTシャツや下着を洗う普通の洗濯用洗剤です。ヤカンでもケトルでもいいので沸騰したお湯を足し洗濯機内をちょっとぬるいお湯くらい(ぬるいお風呂)にします。ここに洗剤を入れスイッチオン(いつもの自動モード)。

この後が肝心です。

ポイント1 1度すすいだだけでは洗剤がダウンジャケット内に残留しますので、手動で(柔軟剤を入れ)すすぎを行ってください(又は柔軟剤のみを入れてもう一度洗濯)。

柔軟剤には衣類をソフトに仕上げる働きもありますが洗剤を中和させる働きが大きいです。つまり、衣類に洗剤が残留しなくなります。

ポイント2 次に脱水ですが、ダウン一個では脱水できません。遠心力が傾いてしまうので、濡らしたバスタオルを入れダウンと均等にして脱水すればOKです!ファミリー全てと言ったのは、2個3個一緒に洗う事でバスタオル等を入れないで済むからです。

ポイント3 乾燥機のある方は乾燥機へ。ない方は、生乾きした所で全体的にダウンジャケットをもみほぐしてください。フワッと仕上がります。

是非お試しください。4人家族ですと¥4000節約できますし、クリーニングに出すより綺麗になります。

洗剤の知識(必読!!)

何時も使う、Tシャツや下着を洗う洗剤

アルカリ性です。皮脂や人からでる分泌物に効果的です。直接肌に触れる下着や靴下はこれで洗うと綺麗になりますが、洋服の「色落ち」や劣化も。

おしゃれ着洗い

中性です。台所用洗剤と同じです。「汗だけ綺麗に落としたい」という洋服はこれが最適です。

※酸性は病院等の特殊なケースで使用するため考えないでください。

以上から1日着たから洋服を洗う場合は本来は「おしゃれ着洗い」が最適という事になります。「この後のブログで極論をすれば台所用洗剤でもOK」と言ったのは、泡が出るか出ないかの差が殆どです。洗濯機では、泡が出ると脱水ができなくなります。そのため、泡の出ない洗剤になっています。

私の意見を述べると、下着と一緒に、「お気に入りのジーパンやTシャツ、ニット」を2時間近く洗濯機で回す事はありえない事です。自分の洋服に絶対しないです。

「結構な値段だったジーパン」や「デパートで買ったけどTシャツだし、、」、「家周辺の外着だからクリーニングに出す必要まではないかな?」という洋服は多いと思います。これらは全て「おしゃれ着洗い洗剤」で洗えば解決です。洗濯時間は極めて短時間で済みますし、新品感を長くキープできます。クリーニング店でのドライクリーニングはそもそもダメですし、クリーニング店でランドリーされても何時ものアルカリ洗剤で洗う+更に他人の物と一緒に洗われるというおまけまで付いてきます。

「バイオ」や「酵素配合」について

余り意味はありません。酵素が働ける温度は決まっています。水道水に入れてもまず作用しません。家庭や普通のクリーニング店ではこれができないので不向きです。

洗濯の仕方は次回ブログ。

洗濯の仕方、教えます。

なぜ、そう思ったか。

クリーニングをインターネットではじめ13年。遠方から毎日数々のお洋服が届きます。そこで、頂くご意見は、「なんで、こんなに綺麗になるの?」これだけです。理由は最新テクノロジーと手間を最大限かけるそれだけです。

私どものお客様の層で一番多いのは「洗濯できる物は家庭で洗濯し、できない物は『なすクリーニング』に出したい」という方です。また、クリーニングに出すまではいかないお気に入りのシャツやニットもあります。これらはご家庭でランドリーして頂ければドライクリーニングに出すよりも十分綺麗になりクオリティーも長く保つ事ができます。

是非1度、お試しください。