25年前のウェディングドレス(シルク)

今回は状態の悪い、黄ばみ&すすけた25年前のウェディングドレスのシミ抜きをいたしました。

お客様から少しでも何とかならないかとの依頼を受け「なすクリーニング」の私がオペしました。

まずは、シミ抜き前のウェディングドレスをご覧ください。

before

30yearsold-doress-b

黄ばみもですが長年の「たばこ?&油、その他?」で完全にすすけてしまっています。

After

30yearsold-dress-b

お客様もビックリ!全くの別物です。これが25年前のドレスの姿です。

「普通のクリーニングに洋服を出しても綺麗にならないのに、何故こんな古いウェディングドレスが綺麗になるのか?」とよく言われるのですが、それは簡単です。人のガン治療の場合、いかに周りの正常細胞を傷つけずにがん細胞だけ殺すかを求められます。発想はこれと同じで、シルクは強い素材ではありますが、25年、30年経っていると劣化しておりますので、そのシルクに損傷を与えずに、黄ばみや汚れのみを除去する難易度の高い方法をとるからです。

「なすクリーニング」が他社と何が違うのかと言えば、いわば、他の病院では手に負えない重度の癌のような難しい汚れを落とす仕事をしています。その技術を生かすので普通の汚れなど簡単に落ちるのです

更にビックリの写真をお見せいたします!

上記のドレスを処理する前の綺麗な水。

before

warter-a

After

warter-b

これだけの汚れが水に溶け出しました。

他では真似のできない技術

・簡単に水洗いしている様に見えますが、シルクのこのようなドレスを水に浸けて洗うこと自体が普通はできません。理由は、誰もが水に浸けて少しでも綺麗にしたいのですが、水に浸けたらシルクのドレスを元の状態に戻せないので、怖くて水洗いできません。その結果、ドライクリーニングだけで綺麗になりません。

・水に浸ければ簡単に汚れが出ると思うかもしれませんが、そんな事はありません。あれだけの汚れを水に溶け出させるにはそれなりの技術が必要です。内緒ですが私は5行程行い特殊な薬品数種を使います。

お母様のお召しになられたウェディングドレス等の特殊処理。遠慮なくご相談ください。

広告

ワインやトマトソース、カレーのシミ

ワンピースやシャツ、ニット、スーツ、パンツ、ワイシャツ、ズボン等、ワインやトマトソース、カレー、果物(フルーツ)系のシミがつく事も多いと思います。

ワインは取れない汚れと思われがちですが大間違いです 。簡単に取れる汚れです。

汗よりもはるかに簡単に綺麗になります。汗くらいはクリーニングで簡単に綺麗になると思うお客様も多いですが、全くの間違えで汗はドライクリーニングでは非常に取れない汚れです。クリーニングに出しても見えないだけで洋服に残っております。それが、黄ばみになります。ワインの方が100倍簡単に取れます。

まずは結果をご覧下さい。

before

wine-pantsb

パンツポケットに付いたワインのシミです。

after

wine-pantsa

綺麗になるまで5分もかかりません。カレーやトマトソース、カシスソーダ、緑茶、紅茶、麦茶、ウーロン茶やウーロン杯、コーヒー、も同じく大丈夫です(これらは基本的に同一種のシミです)。

料金ですが、生地やメーカー等の難易度にもよりますが、このくらいのワインのシミですと、パンツやズボンの基本料金内か、プラス¥500位で綺麗になります。

CELINE©のワンピースの脇の汗ジミ

他のクリーニング店で1度クリーニング」&「シミ抜きの依頼」をされて取れなかったようです。

プロからすると、「シミ抜きお任せ下さい!」と宣伝していて、なんで、こんな汗ジミが取れないのか理解不能です。

しかも、「これ以上、シミ抜きをすると生地を傷めますので、、」とありますが、「生地など全然傷みません」。

シミ抜き料金を取って落ちないという意味がわかりません。

では、なぜ取れないかと言えば、病院に行っても「消毒」はできても、心筋梗塞の「カテーテル手術」を直ぐにできるお医者さんは本当に少ない。これと同じ理由です。

簡単にシミが取れる事を知り、「できない宣伝をなぜするの!」とお客様も怒っておりました。

before

celineb

汗ジミは汗の蓄積ですので、汗ジミをきちんと取るクリーニングをしていればこのように黄ばみません。

after

celinea

シルク、ウール、綿、麻等のワンピースやドレスの汗ジミも綺麗に取れますのでご安心ください。

ワンピースの脇の汗ジミ(シルク・ウール・綿(コットン))

ワンピースは直接肌に触れるので、汗ジミを気になさるお客様も多いです。特に裏地です。

新規のお客様のワンピースです。もちろん、今まで何回もクリーニング出しております。お客様も裏地なので気づいておりませんでしたが、実際汗ジミを見ると、「えー、何度もクリーニングに出しているのになんでこんな汗ジミが残ってるの!」となります。

理由は簡単。クリーニング店が手間がかかったり難しい処理は何もしないからです。

 

ワンピースb

皆様もワンピースに限らずスーツの脇の裏地等を確認してみてください。気づかずにこのようになっている事が多いです。その理由は、水洗いをせずにドライクリーニングで汗が落ちない事が理由です。

ワンピースa

はっきり言ってしまえば、このような汗ジミが元から完全に取れなければ「ドライクリーニング」などする必要もないという事です。クリーニングしてもしなくても同じです。どんなに、「特殊クリーニング」とうたっても、この汗ジミが取れなければそのクリーニングは無意味です。

ウェディングドレスについたカビ

ドレスを長い間、適切でない方法や場所で保管するとカビが生じる事があります。

浴室のカビでさえ頑固なのに、繊細なドレスに付いてしまったら諦めるしかないと思っているお客様も多いと思いますが、以下をご覧ください。

ウェディングドレスのクリーニングでも全く取れません。

ドレスカビbefore

黄色いカビと黒カビ。

ドレスカビafter

黄色いカビも黒カビも綺麗になりました。

ドレスカビbefore2

上の部分のレースが本来の綺麗なレースです。

クリックして拡大

ドレス全体で見てみると、こんなに違います。カビを全部落とすとドレスは別物になります(掲載予定)。

科学技術が発展している現在、理論に基づいた最新の方法を施せば、繊細なドレスのカビも綺麗になります。

こうした技術は普通のドレスクリーニング店では不可能ですが、「なすクリーニング」のエンジニアなら可能です。

ウェディングドレスの「ワインのシミ」

Before

BEFORE Wine

After

AFTER Wine

はじめまして、皆様。
なすクリーニングの「ウェディングドレスクリーニング&しみ抜き」を担当する技術者です。
HPをはじめて13年も経ってますが、現場からのダイレクトな情報を伝えられればと思います。

初日は皆様も落ちないと思っていらっしゃるのではないでしょうか?「ワインのシミ」です。勿論ウェディングドレスクリーニングでは全く落ちません。

でも、特殊処理を行えば実はこうして簡単に落ちてしまうのです。続く…